Top >  チワワのケア方法 >  爪のお手入れ

爪のお手入れ

爪の伸びすぎはケガの原因になります。


伸ばし続けると爪が巻いていき

肉球を傷付けたり

歩き方が変になったりします。


足音がカチャカチャ音がしはじめたら

伸びすぎのサインです。


月に1ー2回程度は、

お手入れしてあげましょう。

         
生後1ヶ月を過ぎた頃から

爪のお手入れができます。


ワンちゃんの爪の内側には

血管や神経があるので

爪を切る際には十分に注意が必要です!


深く切りすぎると出血します。


すごく痛がります・・・(>。<)


爪きりに対して嫌なイメージがつき、

次に爪のお手入れをする時に

させてくれなくなります・・・


【 爪切 】


・ハサミタイプ → 子犬の時にオススメです。


・ギロチンタイプ → 成犬には多く使用されています。


・ヤスリ → 最後の整えで使いましょう。


【 切り方 】


・血管が透けて見えるピンク色の部分の手前までを切ります。
 

・爪が黒い子は境目が分かりづらいので

 先の方から慎重に切るようにしましょう。


・角を軽く取り最後にやすりで整えます。

 (深く削らないように注意)


・爪を触ってガサガサしてなければ仕上がりです


慣れるまでは1日1本ずつにしてあげる事をオススメします。


トリミングの時に爪のお手入れも一緒に

トリマーさんにお願いしてもいいかと思います。

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【チワワのしつけでお悩みの方が見ている人気ページです】


チワワのしつけ方を知りたい方はこちら





         

チワワのケア方法

日常のケア方法は基本的に
他の犬種とさほど変わりはありません。

ここでは、特に注意したい点などを紹介します。

このカテゴリ内の記事


ブラッシング
目のお手入れ
耳のお手入れ
歯のお手入れ
爪のお手入れ
シャンプー 1
シャンプー 2


はじめての方へ

チワワってどんな犬?

チワワの種類

チワワを家族に迎える準備

チワワの子犬の選び方

チワワの育てかた

チワワのしつけ

チワワの食事

チワワのケア方法

チワワの健康管理

チワワのかかりやすい病気

チワワの気持ち

チワワの繁殖と去勢






Yahoo!ブックマークに登録