Top >  チワワの食事 >  子犬・幼犬の食事

子犬・幼犬の食事

お家に迎えたての頃の食事はしばらく、

その子がそれまで食べていたものを同じ量・

同じ回数・同じ時間に与えて下さい。


急に食事を変えてしまうと

体調を崩す恐れがあります。


食事の内容を変えたい時は急に変えるのではなく

それまで食べていたものを減らし、新しいものを少量づつ加え

最終的には完全に新しいものに切り変えていきましょう!


< 生後1ー3ヶ月 >


歯が生えはじめる3週間までの子犬はミルクを与え、

歯が生えそろってくる2ヶ月までは離乳食を与えます。


この時期は、まだ胃が小さいので

4分の1づつ4回程度に分けてあげましょう。


一度に沢山の量をあげると下痢や嘔吐を起こし、

その後の発育に影響が出てはいけませんので

注意して下さいね。


< 生後3ー6ヶ月 >


歯がそろい始めたら、少しづつ

ドッグ・フードに移行していきましょう。


だんだん消化機能が発達してきます。


どんどん成長する、生後5ー6ヶ月の間の

子犬の栄養要求量は成犬の

約2ー3倍と言われています。


カルシウムや、タンパク質、ビタミンが多く含まれている

子犬用のドッグ・フードを与えることをオススメします。


食欲旺盛な時期なので、

ついつい食べ過ぎてしまう傾向があります。


1回の食事は腹八分目くらいを目安に調節し、

回数も4回から3回へと減らしていきましょう。


といっても食事の量は見極めが難しいですよね?


見極めるポイントはワンちゃんの便です(^ω^)ノ


・便が柔らかすぎれば過食です


・便が硬すぎれば量が足りません


様子を見ながらワンちゃんに丁度いい量を

見極めてあげましょう!

ちなみに、以下の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください
【チワワのしつけでお悩みの方が見ている人気ページです】


チワワのしつけ方を知りたい方はこちら





         

チワワの食事

意外かもしれませんがチワワは
肥満にもなりやすい犬種です。

子犬・幼犬・成犬・老犬
それぞれ同じ食事方法ではいけません。

また食べさせてはいけない食べ物などあります。

このカテゴリ内の記事


子犬・幼犬の食事
成犬・老犬の食事
フードの選び方
食べさせてはいけないもの 1
食べさせてはいけないもの 2


はじめての方へ

チワワってどんな犬?

チワワの種類

チワワを家族に迎える準備

チワワの子犬の選び方

チワワの育てかた

チワワのしつけ

チワワの食事

チワワのケア方法

チワワの健康管理

チワワのかかりやすい病気

チワワの気持ち

チワワの繁殖と去勢






Yahoo!ブックマークに登録